産経ニュース

【サッカー日本代表】帰国会見速報(2)西野監督、選手へメッセージ「敗戦後の背中に感じた芝生の感触、見上げた空の色は忘れるな」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【サッカー日本代表】
帰国会見速報(2)西野監督、選手へメッセージ「敗戦後の背中に感じた芝生の感触、見上げた空の色は忘れるな」

 ロシアから帰国し、記者会見するサッカー日本代表の西野監督。左は長谷部=5日午後、千葉県成田市  ロシアから帰国し、記者会見するサッカー日本代表の西野監督。左は長谷部=5日午後、千葉県成田市

 長谷部誠選手らがそれぞれ思いを振り返った後で、質疑応答に移った。

--西野監督に。就任からの46日間は、どんな46日間だったか

 西野監督「(少し考えてから)準備期間も短い中で、自分の役割ははっきりしていることだったので。まず大きな財産があるわけですね。ブラジルW杯の敗戦から、選手や日本サッカー界が次へと向けて強化してきて、ロシアの切符を取った。その後も強化をしてロシアに向かっている。わずかに私はその中で帯同してチームを客観的に見る中で、5月21日に選手と会った時に、それだけではロシアでは戦えないと思った。今の力ではと、思ったし、何かを劇的に変えられることは、代表チームはできることだと思った。プラス何かを足していけばチャレンジできるんじゃないか、対抗できるものはあるんんじゃないかということで選手やコーチたちに言ってきたが、選手たちがまず今までの培ったもの財産を私以上に感じて、体制が変わった中で、選手たちがそういう力を見つけてきた。それを私がサポートした感じです。危機感もあったかもしれないし、もっとやれることがあると感じながら始まった。さかのぼったらブラジルや、その前を経験した選手もそうかも知れないが、ロシアで選手たちがそういう気持ちでやってくれたことに対して、コーチやみんながサポートした。賭けであった部分もあった。選手も、私も。リスクを負わなきゃ行けない部分もあった。その中にがむしゃらに自分がいた。選手たちに支えられたこともたくさんある。本当に素晴らしい選手たちだった。」

続きを読む

このニュースの写真

  • 帰国会見速報(2)西野監督、選手へメッセージ「敗戦後の背中に感じた芝生の感触、見上げた空の色は忘れるな」
  • 帰国会見速報(2)西野監督、選手へメッセージ「敗戦後の背中に感じた芝生の感触、見上げた空の色は忘れるな」
  • 帰国会見速報(2)西野監督、選手へメッセージ「敗戦後の背中に感じた芝生の感触、見上げた空の色は忘れるな」
  • 帰国会見速報(2)西野監督、選手へメッセージ「敗戦後の背中に感じた芝生の感触、見上げた空の色は忘れるな」
  • 帰国会見速報(2)西野監督、選手へメッセージ「敗戦後の背中に感じた芝生の感触、見上げた空の色は忘れるな」
  • 帰国会見速報(2)西野監督、選手へメッセージ「敗戦後の背中に感じた芝生の感触、見上げた空の色は忘れるな」
  • 帰国会見速報(2)西野監督、選手へメッセージ「敗戦後の背中に感じた芝生の感触、見上げた空の色は忘れるな」

関連ニュース

「スポーツ」のランキング