産経ニュース

【思ふことあり】日本社会を変える体育館 スポーツジャーナリスト・増田明美

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【思ふことあり】
日本社会を変える体育館 スポーツジャーナリスト・増田明美

東京都品川区に完成したパラスポーツ専用の体育館「日本財団パラアリーナ」=1日 東京都品川区に完成したパラスポーツ専用の体育館「日本財団パラアリーナ」=1日

 ゆりかもめ(東京臨海新交通臨海線)の船の科学館駅から真新しい体育館が見える。6月1日にオープンしたばかりの「日本財団パラアリーナ」だ。「パラリンピックで日本を変える」という考えの下、日本財団は3年前にパラリンピックサポートセンターを開設している。さて、どんな感じか、見にいくことに。

 これまでパラリンピックの選手から聞こえてきたのが「練習場の確保に苦労している」という声。体育館で練習する車いすバスケットやウィルチェアラグビーは「床が傷つく」「タイヤの跡や(滑り止めの)マツヤニで汚れる」と、使用を認めない所がまだ多い。

 使用できても時間内に掃除をしなければならず、借りた3時間のうち1時間以上が掃除の時間になってしまう。貸し出しが深夜に限られる場合もあり、車を運転できないジュニア選手が競技に参加できない一つの障壁にもなっている。

                 □   □ 

 日本財団パラアリーナに入ると、エントランスホールに香取慎吾さんの彩り豊かな原画を基にした、レゴビルダー、三井淳平さんの作品が。温かさに包み込まれた。その横には、「i enjoy 楽しむ人は強い」という言葉。

 案内してくださったパラリンピックサポートセンターの金子知史さんによると、「床と天井を黒く、壁を白くして弱視の方も歩きやすくなっています」。車いす選手にとって逆にバリアになる点字ブロック。それを必要最小限にしつつ視覚障害者に配慮するのに苦心されたそうだ。

続きを読む

「スポーツ」のランキング