産経ニュース

【月刊パラスポーツ】競泳・山田拓朗 5度目舞台へ「最高の自分出す」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【月刊パラスポーツ】
競泳・山田拓朗 5度目舞台へ「最高の自分出す」

パラリンピック・リオデジャネイロ大会競泳男子50メートル自由形S9で3位に入りガッツポーズの山田拓朗=2016年9月13日、五輪水泳競技場(蔵賢斗撮影) パラリンピック・リオデジャネイロ大会競泳男子50メートル自由形S9で3位に入りガッツポーズの山田拓朗=2016年9月13日、五輪水泳競技場(蔵賢斗撮影)

 2年前のパラリンピック・リオデジャネイロ大会。競泳の花形種目、男子50メートル自由形(運動機能障害S9)で26秒00をマークし悲願の銅メダルを獲得した山田拓朗(NTTドコモ)は、「25秒99だったら辞めていたかも」と明かす。27歳。届かなかった100分の1秒が、2020年東京大会へ挑む最大のモチベーションだ。(西沢綾里)

                   

 生まれつき左肘から先がない。3歳から通い始めたスイミングスクールで、大嫌いだった水と仲良くなった。同級生よりも早く4泳法をマスターした。小学1年で、高学年の子とがむしゃらに記録を競った。もちろん、ほとんど左腕を使っていない。

 「小さいころは自分に腕がないと気づいてなかったんじゃないかな。そんな感覚に近い」と笑う。片手ながらも抜群の運動神経で、跳び箱も、縄跳びも、ボール投げもクラスで一、二を争った。

 パラリンピックを知ったのは9歳のときだった。所属していた障害者の水泳チームの先輩だった酒井喜和さんが、2000年シドニー大会男子100メートル背泳ぎ(視覚障害)で世界の頂点に立った。金メダルを触らせてもらった。「かっこいいな」と憧れた。

続きを読む

「スポーツ」のランキング