産経ニュース

【アメフット】関東学生連盟会見の要旨

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【アメフット】
関東学生連盟会見の要旨

会見する関東学生アメリカンフットボール連盟の(左から)森本啓司専務理事、柿沢優二理事長、寺田昌弘監事=29日午後、東京都中央区(撮影・福島範和) 会見する関東学生アメリカンフットボール連盟の(左から)森本啓司専務理事、柿沢優二理事長、寺田昌弘監事=29日午後、東京都中央区(撮影・福島範和)

 関東学生アメリカンフットボール連盟の記者会見要旨は次の通り。

 一、関東学連の規律委員会は、日本大や関西学院大の関係者ら約20人からヒアリングを実施し検証。

 一、日大の練習は半端でなく厳しく、選手は肉体的にも精神的にも追い込まれていた。

 一、日大の内田正人前監督に対して選手やコーチらは何も言えない状況だった。

 一、危険なタックルがあった直後にレフェリーが宮川泰介選手を怒鳴りつけ、同選手から謝罪があった。

 一、宮川選手に対して内田前監督の「やらなきゃ意味ないよ」との発言があった。

 一、日大の井上奨前コーチの「つぶせ」という指示について「けがをさせろ」という意味があった。

 一、内田前監督も危険なタックルを目撃していた。

 一、反則行為の指示を否定した内田前監督の供述は虚偽である。

 一、内田前監督は反則を容認していた。

 一、日大の首脳陣が主張している選手との認識の乖離について「乖離などは存在しない」と断定。

 一、内田前監督が「結果を出さなければ干すぞ」と選手に圧力をかけ、選手の間では「はまる」と表現されていた。

「スポーツ」のランキング