産経ニュース

【アメフット】内田正人前監督、井上奨前コーチの除名検討へ 日大の悪質反則問題で関東学連 29日夜発表

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【アメフット】
内田正人前監督、井上奨前コーチの除名検討へ 日大の悪質反則問題で関東学連 29日夜発表

 日本大アメリカンフットボール部の内田正人前監督、井上奨前コーチ  日本大アメリカンフットボール部の内田正人前監督、井上奨前コーチ

 日本大アメリカンフットボール部の守備選手による悪質な反則問題で、関東学生連盟が29日夜の臨時理事会で、内田正人前監督と井上奨前コーチについて、永久追放に相当する「除名」処分を検討することが分かった。問題を調査した同学連の規律委員会が、反則は両氏の指示と認定したもので、守備を統括する立場だった森琢ヘッドコーチは除名に次いで重い「資格剥奪」、危険なタックルをした宮川泰介選手と、チームには出場停止処分が検討されるとみられる。

 理事会後に柿沢優二理事長らが記者会見する。

 この問題では、指導陣から選手への反則指示の有無が焦点となっている。宮川選手は22日の記者会見で、指導者の指示に従って悪質なプレーをしたと説明したが、指導陣は反則指示を一貫して否定。関係者によると、規律委は「反則は監督とコーチの指示」と認定した。

 関東学連の罰則規定には(1)除名(2)資格剥奪(3)団体活動の一時的または無期限停止(4)公式試合の出場停止-などがある。

「スポーツ」のランキング