産経ニュース

【アメフット】NFLではボーナス支給も 悪質行為の陰に勝利至上主義 日大の反則問題

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【アメフット】
NFLではボーナス支給も 悪質行為の陰に勝利至上主義 日大の反則問題

前のニュース

 アメリカンフットボールの関西学院大と日本大の定期戦で、日大選手が悪質な反則行為で相手選手を負傷させた問題は、監督による指示があったとの疑念が浮上している。コーチらが悪質行為を指示する事例は国内外でみられ、過去には従った選手に「ボーナス」を支給していたケースもあった。背景に行き過ぎた勝利至上主義があるとみられ、専門家は「勝ち負けだけでなく、社会に必要とされる人材の育成を」と訴える。

 選手に悪質行為が指示された事例は、国内では2007(平成19)年10月、日本人同士の対決となった世界ボクシング評議会(WBC)フライ級のタイトルマッチで、当時の亀田大毅選手が、王者の内藤大助選手を抱え上げ、投げ飛ばす反則行為を行った。

 父でトレーナーの史郎氏や兄の興毅氏が直前に「投げろ」などと指示していたことが確認され、世界戦で選手ら関係者が処分されるという事態に発展した。

 海外では、アメフットの米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)で、10年に優勝した強豪セインツが09~11年にかけ、守備コーチらの指示で相手を負傷させた選手にボーナスを支給していた事案が発覚。けがの程度に応じて1000~1500ドルのボーナスを支払い、監督も黙認していたという。

 一方、直接の指示がなくとも悪質行為が横行したケースもある。

続きを読む

関連トピックス

「スポーツ」のランキング