産経ニュース

【MLB】「会長付特別補佐」イチロー、前例なき挑戦 厳しい選手復帰

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【MLB】
「会長付特別補佐」イチロー、前例なき挑戦 厳しい選手復帰

記者会見で質問に答える米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手=3日、シアトル(共同) 記者会見で質問に答える米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手=3日、シアトル(共同)

 今季の残り試合には出場できないイチローだが、練習は今後も続行しながら「会長付特別補佐」としてチームのサポート役を担う前例のない役割に挑むことになった。

 来季以降の選手復帰にも含みをもたせた今回の球団の対応について、大リーグ評論家の福島良一氏は「イチローは球団の功労者であり、顔のような存在。今後は対外的な役割も大きくなるのでは」と指摘する。

 昨年末にポスティングシステムを利用して大リーグに挑戦した大谷(エンゼルス)の獲得交渉では、各球団が交渉のテーブルに現役選手を同席させるケースもあった。福島氏は「(イチローが)交渉の場に同席すれば選手としてのアドバイスも期待できるし、“切り札”になる」と今後の日本人選手の獲得交渉でのメリットを強調する。

 一方、球団のディポトGMは「(2019年以降に)選手として戻る可能性はある」と発言。来年3月には7年ぶりの日本での大リーグ公式戦も控えている。イチローはこれまで「50歳まで現役」と公言してきただけに、球団では「選手」としての余地を残しながら、引退後は球団の顔としての役割を担う“生涯契約”で、イチローに誠意を示した形だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「会長付特別補佐」イチロー、前例なき挑戦 厳しい選手復帰
  • 「会長付特別補佐」イチロー、前例なき挑戦 厳しい選手復帰
  • 「会長付特別補佐」イチロー、前例なき挑戦 厳しい選手復帰
  • 「会長付特別補佐」イチロー、前例なき挑戦 厳しい選手復帰

「スポーツ」のランキング