産経ニュース

W杯キャンプ地に59自治体 ラグビー日本は東京と浜松

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


W杯キャンプ地に59自治体 ラグビー日本は東京と浜松

お披露目されたラグビーワールドカップ日本大会公式マスコットのレン(左)とジー(右)=港区の明治記念館(荒木孝雄撮影) お披露目されたラグビーワールドカップ日本大会公式マスコットのレン(左)とジー(右)=港区の明治記念館(荒木孝雄撮影)

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会に出場するチームが期間中に1次リーグで使用する公認キャンプ地が決まり、59自治体、52件が内定したことが20日、関係者への取材で分かった。大会組織委員会が同日午後に発表する。日本代表は東京都内の2カ所と浜松市になった。

 3連覇を狙うニュージーランド代表は大分県別府市など、エディー・ジョーンズ監督が率いるイングランド代表は、共同応募した宮崎県と宮崎市や札幌市、東京都府中市に内定した。

 16年12月に締め切られた応募には37都道府県の90自治体、76件が候補地として名乗りを上げた。その後、基準を満たす練習施設などが不足したため、追加で確保を進めていた。

 出場チームは昨年秋以降、公認キャンプ地などの視察を行っており、意向を聞いた国際統括団体のワールドラグビー(WR)、組織委が調整した。大会前に使用される事前キャンプ地は、チームと自治体の間で決定される。

「スポーツ」のランキング