産経ニュース

【再び夢舞台へ】ママアスリート、谷真海の挑戦 腰痛との闘い支え10年 万全ケア、力引き出す

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【再び夢舞台へ】
ママアスリート、谷真海の挑戦 腰痛との闘い支え10年 万全ケア、力引き出す

走り幅跳び時代から抱える腰痛対策のため、佐藤さんのケアを受ける谷=東京都内 走り幅跳び時代から抱える腰痛対策のため、佐藤さんのケアを受ける谷=東京都内

 「痛っ、イタタタッ」。パラトライアスロン女子の谷真海が思わず表情をゆがめる。「右肩のほうが動きが硬いね」。ビューティフルマインド(東京都港区)代表取締役の佐藤守さんはこう言いながら、肩甲骨まわりの筋肉をほぐしていく。わずか数分後、うつぶせの状態で耳の横あたりまでしか上がらなかった腕が、頭の位置よりも高く上がるようになった。

 「体を整えてもらうことで、いいトレーニングを続けることができている」。シーズン開幕を控え、ケアを終えた谷の表情は晴れやかだった。

 柔道整復師や針きゅう、あん摩マッサージ指圧などの資格を持つ佐藤さんは「骨格を整えたり、筋肉の張りを取り除いていく作業を組み合わせることで、自然治癒力を高めることが狙い」と語る。月に1回程度、約1時間半のケアを10年近く続けてきた。最大の狙いは、谷が「走り幅跳び時代からの“爆弾”」と明かす腰の痛みを和らげることだ。

 谷が腰の故障と付き合うことになったのは、2大会連続出場となった2008年北京大会の直前からだ。激痛が走り、歩くこともままならなくなった。パラリンピック欠場も考えたほどだった。診断結果は椎間板ヘルニア。故障部位は背骨と骨盤をつなぐ腰椎の右側で5番目の骨のさらに下の箇所と判明した。

続きを読む

「スポーツ」のランキング