産経ニュース

【大相撲】親方衆にくすぶる不信感、逆風下で再出発する貴乃花親方

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【大相撲】
親方衆にくすぶる不信感、逆風下で再出発する貴乃花親方

年寄総会後、会見を行う貴乃花親方=28日、エディオンアリーナ大阪(撮影・岡田茂) 年寄総会後、会見を行う貴乃花親方=28日、エディオンアリーナ大阪(撮影・岡田茂)

 臨時年寄総会で貴乃花親方は針のむしろに座らされた思いだっただろう。主役の力士が稽古の成果を示す春場所を台無しにする一連の行動に親方衆の不満は爆発。説明を求める声に対して口を突いたのは、謝罪と反省の言葉ばかりだった。

 貴乃花親方は元横綱日馬富士の傷害事件への対応についても「真実を追求しようという気持ちが強く、かたくなな姿勢を取ってしまった」と猛省。態度を一変させたきっかけには、「貴公俊のことがあり私の行動から襟を正す」と弟子の暴行を挙げた。

 対決から協調へ-。協会に対する姿勢を一転させた貴乃花親方に、親方衆からは「本人も『間違っていた』と認めた」「すごく反省していることがにじみ出ていた」「これから協会一丸となって頑張っていきたい」と評価する声が相次いだ。

 処分は29日の理事会に一任となった。しかし、厳罰を求める声もあり、貴乃花親方の古巣である二所ノ関一門の高田川親方(元関脇安芸乃島)は「『契約解除だ』や『様子を見て頑張ってもらおう』、そしてその中間もある」と親方衆にくすぶる不信感も代弁する。

 錦戸親方の「これからの行動をみて判断するしかない」という言葉に、貴乃花親方は「私の行動にかかっている。精進します」。29日の理事会では厳罰も予想され、貴乃花親方は逆風が吹き荒れる中で信頼回復への道を歩み始めることになる。

  (奥山次郎)

このニュースの写真

  • 親方衆にくすぶる不信感、逆風下で再出発する貴乃花親方
  • 親方衆にくすぶる不信感、逆風下で再出発する貴乃花親方

関連トピックス

関連ニュース

「スポーツ」のランキング