産経ニュース

【大相撲】貴乃花親方、役員待遇委員“最後の日”…打ち上げパーティーで謝罪締め

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【大相撲】
貴乃花親方、役員待遇委員“最後の日”…打ち上げパーティーで謝罪締め

役員室に向かう貴乃花親方。今後は“一兵卒”となる (撮影・門井聡) 役員室に向かう貴乃花親方。今後は“一兵卒”となる (撮影・門井聡)

 大相撲の貴乃花親方(45)=横綱=が春場所千秋楽の25日、役員待遇委員として事実上、最後の日を迎えた。協会の中枢から離れた今週は厳しい対応に迫られる。(サンケイスポーツ)

 打ち出し後、京都市内で開かれた部屋の打ち上げパーティーに参加した貴乃花親方は「おわび」で締めくくった。春場所中、弟子の十両貴公俊(たかよしとし)が支度部屋で付け人を暴行した問題は、29日の理事会で師弟ともども処分が検討されるとあって「ご心配をおかけしたことをおわびし、師弟ともども精進していく」とした。

 28日には職務分担が決まり、貴乃花親方は2月の理事候補選挙で落選したことで、慣例で1階級降格の「委員」となる。しかし、協会との対立姿勢も問われて役職最下位の「年寄」まで降格する可能性もある。同日には全親方が参加する臨時年寄総会で、一連の言動について説明を求められてもいる。

 ◆千秋楽で勝ち越した元横綱日馬富士の傷害事件の被害者、貴ノ岩「体が動いていたと思う。稽古して次の場所は今場所より準備できたらいい」

関連トピックス

「スポーツ」のランキング