産経ニュース

【大相撲】貴乃花親方、初出勤もわずか2分41秒「まあ、あいさつ」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【大相撲】
貴乃花親方、初出勤もわずか2分41秒「まあ、あいさつ」

5日目にしてやっと登場…も、役員室には「2分41秒」のみの滞在となった貴乃花親方 5日目にしてやっと登場…も、役員室には「2分41秒」のみの滞在となった貴乃花親方

 大相撲春場所5日目(15日、エディオンアリーナ大阪、観衆=7414)日本相撲協会から職務を遂行していないと判断されている貴乃花親方(45)=元横綱=が5日目の15日、今場所初めて場所へ姿をみせ、職場である「役員室」へ足を運んだ。だが、同部屋にとどまった時間はわずか2分41秒。目的が不明瞭で奇異にも映る行動に、関係者は首をかしげた。一人横綱の鶴竜(32)は取り直しの末に平幕宝富士(31)を押し出し、5連勝とした。(サンケイスポーツ)

 2分41秒。取組ならば熱戦だが、勤務としては論外だ。貴乃花親方は今場所初めて会場を訪れ、“職場”の役員室へ入ったが、すぐに退出した。

 同親方は午後1時50分、大阪・浪速区のエディオンアリーナ大阪に車で到着。同54分に役員室へ。八角理事長(54)=元横綱北勝海=は正午過ぎには出勤していた。春日野広報部長(55)=元関脇栃乃和歌=ら協会関係者によれば、同理事長からきちんと出勤するよう口頭で注意を受けた。貴乃花親方は主張や謝罪を口にせず、「失礼します」と言って退室したという。

 午後2時1分。「私からいうことはないです。まあ、あいさつ」と報道陣に言い残して、車で立ち去った。会場に滞在したのも、わずか10分程度。貴乃花親方はこの日の朝稽古後、弟子の十両貴ノ岩(28)の相撲を「近くで見るために(会場へ)行くかも」としていたが、実際は弟子の相撲も見なかった。

続きを読む

関連トピックス

「スポーツ」のランキング