産経ニュース

【サッカーW杯】開幕まで3カ月 代表の座をつかむのは誰!? 状態上がらない常連組、クラブで輝く新星台頭

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【サッカーW杯】
開幕まで3カ月 代表の座をつかむのは誰!? 状態上がらない常連組、クラブで輝く新星台頭

ポルトガルリーグで活躍するポルティモネンセの中島。日本代表のハリルホジッチ監督も注目している=5日(共同) ポルトガルリーグで活躍するポルティモネンセの中島。日本代表のハリルホジッチ監督も注目している=5日(共同)

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕まで、14日であと3カ月。W杯本番に向けた23人メンバーの生き残りレースは混戦を極めている。常連組がけがやチーム内での序列の変化で出場機会を失う一方、クラブで好調を持続し、滑り込みを狙う選手も。ハリルホジッチ監督は、今月下旬のベルギー遠征で選手を見極め、W杯直前まで人選を進める。 (小川寛太)

 日本代表候補選手には今、けが人やクラブで出番が少ない選手が増え、W杯出場に貢献した選手の立場が揺らいでいる。ロシアW杯アジア最終予選で全試合に出た吉田(サウサンプトン)は、左膝負傷で離脱中。昨年末からドルトムントでフル出場を続けていた香川は、2月に負傷した左足首の回復が遅れている。故障中にクラブの状況は変化し、復帰しても定位置は保証されていない。

 昨年8月の豪州戦で得点した浅野(シュツットガルト)と井手口(クルトゥラル・レオネサ)の若手2人はベンチ外が続き、監督は3月の招集が困難な考えを示唆。「W杯出場に大仕事をしてくれた選手が、もしかしたらW杯に行けない状況になっている」と言った。

続きを読む

「スポーツ」のランキング