産経ニュース

リフトから転落、小1女児が重傷の骨折 栃木のスキー場

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


リフトから転落、小1女児が重傷の骨折 栃木のスキー場

 11日午前11時10分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で、第1ゲレンデ沿いのペアリフトに乗っていた同町高久乙の小学1年の女児(7)がリフトから転落、左足骨折の疑いで、病院に搬送された。重傷とみられる。

 那須塩原署によると、女児は母親に連れられてスキー場に来場。同級生の男児とリフトに乗り、全長284メートルのリフトのほぼ中間地点で数メートル下の斜面に転落した。積雪は1メートル程度。女児は「下を向いたら、そのまま落ちた」と話しているという。同署は、リフトのバーが下りていたかどうかや、事故の詳しい経緯などを調べている。同スキー場によると、第1ゲレンデは全長400メートル、標高差60メートル、最大斜度20度の初心者、中級者向けコース。

「スポーツ」のランキング