産経ニュース

【プロ野球】村田修一「野球を続けたい」「NPB復帰目指す」 BCリーグ栃木入団会見で活躍誓う

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【プロ野球】
村田修一「野球を続けたい」「NPB復帰目指す」 BCリーグ栃木入団会見で活躍誓う

BCリーグ栃木の入団記者会見後、報道陣の撮影に応じる村田修一=9日、栃木県小山市(菊本和人撮影) BCリーグ栃木の入団記者会見後、報道陣の撮影に応じる村田修一=9日、栃木県小山市(菊本和人撮影)

 昨季限りでプロ野球・巨人を自由契約となった村田修一内野手(37)が9日、栃木県小山市内のホテルで、プロ野球独立リーグ「ルートインBCリーグ」の栃木ゴールデンブレーブス(GB)の入団記者会見に臨み、「戦力外を受けて迷うこともあったが、野球を続けたい気持ちが一番上に立った。まだ野球を続けたい。NPBを目指したい」と述べた。

 背番号は、横浜(現DeNA)、巨人でも付けていた「25」。独立リーグからNPBへの復帰を目指す。自由契約後も練習を続けており、「NPBのオープン戦に出ても野球ができるぐらいの仕上がりだ」とし、「今まで同様に打って、守ってチームに貢献する」と意気込みを語った。

 NPB復帰については、「声が掛かれば行くし、掛からなければ行けない。まずはブレーブスのために野球をする。ただそれだけだ」とした。

 栃木GBからは1月上旬にオファーがあり、3月1日に決断したという。「(本拠地の)小山市は妻と大学時代の監督の出身地。縁を感じたし、NPB復帰を目指す気持ちをくんでいただいた」と入団を決めた理由を述べた。

 村田は東福岡高時代、投手として3年春夏に甲子園出場。選抜大会では横浜高の松坂大輔(中日)と投げ合った。横浜で2年連続本塁打王。平成23年オフに巨人に移籍し、リーグ3連覇に貢献した。昨季終了後、チームの方針で自由契約となり、新天地でのプレーを模索していた。プロ15年間で通算1865安打、360本塁打の強打者だ。

このニュースの写真

  • 村田修一「野球を続けたい」「NPB復帰目指す」 BCリーグ栃木入団会見で活躍誓う
  • 村田修一「野球を続けたい」「NPB復帰目指す」 BCリーグ栃木入団会見で活躍誓う

「スポーツ」のランキング