産経ニュース

【プロ野球】上原浩治、10年ぶり巨人復帰決定 背番号「11」有力 メジャー契約まとまらず決断

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【プロ野球】
上原浩治、10年ぶり巨人復帰決定 背番号「11」有力 メジャー契約まとまらず決断

上原浩治投手(ゲッティ=共同) 上原浩治投手(ゲッティ=共同)

 米大リーグ、カブスからフリーエージェント(FA)となり、所属先が決まっていなかった上原浩治投手(42)が、古巣のプロ野球巨人に復帰することが9日、球団関係者への取材で分かった。背番号は「11」が有力で、同日中に入団会見が開かれる見込み。10季ぶりの日本球界復帰となる。

 大リーグ9年目の昨季は49試合に登板し、3勝4敗2セーブ、防御率3.98。オフにFAとなり、当初は大リーグでの現役続行に強い意欲を示し、日本球界復帰を否定していた。しかし、今オフの大リーグの移籍市場は例年になく停滞し、2月28日には自身のブログで「日本からの誘いがあれば、そこにいくことを考えています」と日本球界復帰を示唆。古巣からの誘いを受け、復帰を決断した。

 東海大仰星高から大体大を経て、ドラフト1位で1999年に巨人に入団。同年、最多勝、最優秀防御率、最多奪三振などのタイトルを獲得し、沢村賞に選ばれた。日本10年間の通算成績は112勝62敗、33セーブ、9ホールド。

 2009年にFAで大リーグ・オリオールズへ移籍し、レンジャーズ、レッドソックス、カブスを渡り歩いた。レッドソックス時代にはワールドシリーズ優勝を経験。大リーグ9年間の通算成績は22勝26敗、95セーブ、81ホールドだった。

「スポーツ」のランキング