産経ニュース

【月刊パラスポーツ】パラアルペンスキー女子座位・村岡桃佳 ソチの悔しさ糧 「結果残す」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【月刊パラスポーツ】
パラアルペンスキー女子座位・村岡桃佳 ソチの悔しさ糧 「結果残す」

国内大会に臨んだ村岡桃佳。積極的に攻めた=4日、長野・菅平パインビークスキー場(桐原正道撮影) 国内大会に臨んだ村岡桃佳。積極的に攻めた=4日、長野・菅平パインビークスキー場(桐原正道撮影)

                  

【プロフィル】村岡桃佳

 むらおか・ももか 1997年3月3日生まれ。埼玉県出身。正智深谷高卒業後、早大スポーツ科学部へ進学。4歳のときに横断性脊髄炎を発症し、車椅子生活になった。父の勧めで始めた車いすスポーツに魅了され、中学2年からは競技スキーに打ち込む。2014年ソチパラリンピックに17歳で初出場し、アルペンスキー女子大回転座位で5位入賞。

                  

【用語解説】パラアルペンスキー

 障害の種類によって立位、座位、視覚障害の3カテゴリーに分けられ、男女別に順位を競う。座位クラスの選手はシート、フレーム、サスペンションによって構成されるチェアスキーを使用する。高速系種目の滑降、スーパー大回転、技術系種目の大回転、回転、スーパー大回転と回転1本ずつの合計タイムで順位が決まるスーパーコンビが行われる。滑走するコースは一般的なアルペンスキーと変わらない。障害の程度に応じて設定されている係数を実走タイムに掛けた計算タイムで順位が決まる。

関連ニュース

「スポーツ」のランキング