産経ニュース

【東京マラソン】MHPS井上、日本歴代4位にも「ただただ悔しい」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【東京マラソン】
MHPS井上、日本歴代4位にも「ただただ悔しい」

5位でゴールする井上大仁=25日、東京都千代田区 5位でゴールする井上大仁=25日、東京都千代田区

 日本歴代4位の2時間6分54秒をたたき出した井上に喜びの感情はなかった。「ただただ、あんまり思い出したくないくらいに悔しい」。目の前でライバルに日本記録をマークされたからだ。

 ハイペースの先頭集団に食らいつく。31キロ手前で設楽が遅れ、「勝ったかな」と内心、思ったという。ところが、38キロ過ぎに逆転を許し、日本人1位だった前回と逆の展開に。「自分の気持ちに焦りが出た。硬くなって動きが止まった」と振り返った。

 昨年、世界選手権(ロンドン)に出場したが、日本人最下位の26位。「勝負するという意味では好タイムは必要ない」ことを思い知った。帰国後、タイムではなく、勝負優先-へと目標を切り替えた。今大会は最終盤にこそ課題は残したが、35キロまで5キロ15分を切るペースで押し、「世界と戦う」という大目標には近づいた実感はあった。

 “逆境”をバネにレベルアップしてきた25歳。「やられたらやり返す。(日本記録は)当然、破らなければいけないところ」と決意を新たにした。(坂井朝彦)

「スポーツ」のランキング