産経ニュース

【東京マラソン】設楽悠太、異端の偉業 30キロ以上走らず日本新

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【東京マラソン】
設楽悠太、異端の偉業 30キロ以上走らず日本新

東京マラソン 日本人トップの2位でゴールする設楽悠太=25日、東京都千代田区(撮影・山田俊介) 東京マラソン 日本人トップの2位でゴールする設楽悠太=25日、東京都千代田区(撮影・山田俊介)

 行幸通りの石畳に入ってきた設楽の足どりは軽く、ランニングパンツの裾がリズミカルにはためいた。腕時計に目を落とし、歴史の扉を開けることを確信する。右人さし指を曇り空に突き立てた。「2時間6分11秒」。26歳は史上最速で42.195キロを駆け抜けた日本人となった。

 初めて走り終えてあおむけに倒れた。「限界。課題も反省もない」。持てる全てを絞り出し、高岡寿成の日本記録を16年ぶりに5秒塗り替えた。この日、風は穏やかで気温6度。良好な気象条件も味方に先頭集団でレースを運んだ。30キロでペースメーカーが外れた直後、ギアを切り替えたチュンバや井上に離されかけても、無理はしない。冷静にリズムを刻み直し、38キロ以降にリオデジャネイロ五輪銀メダリストのリレサ、昨年は敗れた井上ら4人をかわして偉業を成し遂げた。

 昨年は序盤から積極的に飛ばして終盤に失速したが、今年は沿道の声援を力に変え、粘り抜いた。中間点通過が、日本記録の高岡より11秒遅かったのだから、いかに後半、強くなったかが分かる。

 独自の道を走ってきた。まず「距離」の捉え方が従来と違う。「練習で40キロ走をやってもマラソンは走れない。30キロ以降は走力は関係ない。最後は気持ちでいくしかない」。今大会に向けては、一度も30キロ以上を走らず臨んでいた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 設楽悠太、異端の偉業 30キロ以上走らず日本新

「スポーツ」のランキング