産経ニュース

【東京マラソン】バリアフリーな大会へ取り組み続く 東京五輪・パラリンピックの試金石に

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【東京マラソン】
バリアフリーな大会へ取り組み続く 東京五輪・パラリンピックの試金石に

東京マラソンの車いすの部男子で1位ゴールする山本浩之。右は2位の鈴木朋樹=25日、東京都千代田区(撮影・今野顕) 東京マラソンの車いすの部男子で1位ゴールする山本浩之。右は2位の鈴木朋樹=25日、東京都千代田区(撮影・今野顕)

 2020年東京五輪・パラリンピックを2年後に控え東京が目指すバリアフリーな社会。東京マラソンは理想像の実現に向け取り組んできた経緯がある。

 賛同する事業に寄付をすることで、東京マラソンに参加するチャリティーランナー。チャリティーランナーを通じて行うサポーターの寄付も含め平成23年の創設以来、年々広がり、昨年は約3億1300万円を集めた。うち2千万円あまりが日本障がい者スポーツ協会に渡り、パラスポーツ普及に使われたほか、スペシャルオリンピックス日本の活動にも約2600万円が生かされている。今大会でもすでに過去最高の約4億円以上が集まった。

 東京マラソンの障害者ボランティアは初の試みとなった28年大会で約10人が参加。車いすランナーを同様の障害を持つボランティアが誘導するなどしてきた。

 障害者の視点を加えた大会運営は「パラリンピックの参考になる」と都の五輪担当も注目。東京マラソン財団は「どんな方でも(ボランティア)参加できる環境を整えていきたい」としている。

関連ニュース

「スポーツ」のランキング