産経ニュース

【スポーツ異聞】選手生命の危機!? 松山英樹の“痛すぎる”左手の故障 マスターズに不安

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
選手生命の危機!? 松山英樹の“痛すぎる”左手の故障 マスターズに不安

3連覇を狙ったフェニックス・オープンで痛めた左手は意外に重症。松山の復帰にめどは立っていない(共同) 3連覇を狙ったフェニックス・オープンで痛めた左手は意外に重症。松山の復帰にめどは立っていない(共同)

 男子ゴルフの日本のエース、松山英樹(25)にとって、さらには日本のファンにとっても何とも“痛い”故障となった。

 2月2日、米アリゾナ州スコッツデールで開催中だったフェニックス・オープン(TPCスコッツデール=パー71)。第2ラウンドのスタート前になって、松山が左手親指付け根付近の痛みのため棄権したのだ。

 この大会、松山には大記録が懸かっていた。1961~63年のアーノルド・パーマー(1929~2016年)以来の大会3連覇はなるか、である。ところが、第1日の第1ラウンドの14番でティーショットを放った後に痛みが出た。この日は飯田光輝トレーナー(40)にテーピングなどを施してもらい、何とかプレーを続けた。69で回り、首位と5打差の29位につけた。

 ところが、2日に練習グリーンでパッティングを調整していたところ、再び痛みが出てしまった。飯田トレーナーから、胸部や左腕のマッサージをされたが、痛みが引かない。やむなく、棄権を決めた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 選手生命の危機!? 松山英樹の“痛すぎる”左手の故障 マスターズに不安
  • 選手生命の危機!? 松山英樹の“痛すぎる”左手の故障 マスターズに不安
  • 選手生命の危機!? 松山英樹の“痛すぎる”左手の故障 マスターズに不安
  • 選手生命の危機!? 松山英樹の“痛すぎる”左手の故障 マスターズに不安
  • 選手生命の危機!? 松山英樹の“痛すぎる”左手の故障 マスターズに不安
  • 選手生命の危機!? 松山英樹の“痛すぎる”左手の故障 マスターズに不安
  • 選手生命の危機!? 松山英樹の“痛すぎる”左手の故障 マスターズに不安

「スポーツ」のランキング