産経ニュース

【ラグビーTL】サントリー監督、元豪代表スミス選手の事件で謝罪  去就は明言せず

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ラグビーTL】
サントリー監督、元豪代表スミス選手の事件で謝罪  去就は明言せず

年間表彰式で表彰された優勝チームのサントリーサンゴリアスだが、スピーチの場で沢木敬介監督(左)は逮捕されたジョージ・スミス選手について謝罪した=21日、都内のホテル(撮影・佐藤雄彦) 年間表彰式で表彰された優勝チームのサントリーサンゴリアスだが、スピーチの場で沢木敬介監督(左)は逮捕されたジョージ・スミス選手について謝罪した=21日、都内のホテル(撮影・佐藤雄彦)

 ラグビー・トップリーグ(TL)で2季連続5度目の優勝を果たしたサントリーの沢木敬介監督は21日、東京都内で開かれたTL年間表彰式で、所属する元豪州代表のジョージ・スミス選手(37)が昨年末に強盗致傷容疑で逮捕された事件に関し、「被害者、関係者の方に深くおわびしたい。ご心配、ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ない。チーム一同、信頼回復に努めて参りたい」と陳謝した。スミス選手は昨年12月31日、東京都府中市でタクシー料金約1万円を払わずに逃げ、男性運転手にけがをさせたとして現行犯逮捕され、19日に不起訴処分となった。

 スミス選手は現在自宅謹慎中で、沢木監督は報道陣に対し、「本人と会う予定はあるが、まだ細かいところ(日程)ははっきりしていない。会社の処分も決まっていない」と同選手の去就について明言しなかった。

 表彰式では日本ラグビー協会の岡村正会長も挨拶の中で、「世間をお騒がせしたスミス選手に関わる件では、内容が明確になり次第、日本協会からご説明申し上げるのでお許しいただきたい」と述べた。

このニュースの写真

  • サントリー監督、元豪代表スミス選手の事件で謝罪  去就は明言せず

関連ニュース

「スポーツ」のランキング