産経ニュース

大谷翔平フィーバーは鎮火せず 所属先決まっても米メディアはトップ扱い

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


大谷翔平フィーバーは鎮火せず 所属先決まっても米メディアはトップ扱い

まだ海を渡ってこない二刀流・大谷を、全米は固唾をのんで待っている(佐藤雄彦撮影) まだ海を渡ってこない二刀流・大谷を、全米は固唾をのんで待っている(佐藤雄彦撮影)

 【大リーグ通信】 

 米大リーグ、エンゼルスにポスティングシステムで入団が決まった“二刀流”大谷翔平選手(23)に対する全米のフィーバーぶりは衰えを知らない。ヤンキースやドジャースといった超名門球団に入らなかったことで、大谷への関心は少しは冷めたかと思われたが、あのベーブ・ルース以来とも言うべき“二刀流”への注目度は高いまま。いったいいつまで続くのだろうか。

 スポーツ専門局ESPNは「2018年、野球界で最も関心が高い名前ランキング、トップ18」と題して特集を組んだ。「春季キャンプを前にした1月は刺激的な時期。たくさんのわくわくする話題が展開していくだろう」と、シーズンを通じて目が離せない人物をピックアップした。

 FA市場の中心的存在のダルビッシュ有(31)は16位。ワールドシリーズを制したアストロズの小さなMVPホセ・アルトゥーベ(27)が7位、マーリンズを“解体”するデレク・ジーターCEO(43)が3位。そして2位にはそのジーター氏に追い出された格好でマーリンズからヤンキースに移った昨季の本塁打王ジャンカルロ・スタントン(28)が入った。

 超一流のメンバーが揃った中で1位に輝いたのが、大谷なのだ。その理由として「今後2年間にわたり、1億ドルに達する給料を犠牲にして日本からやってきた。彼の二刀流は大半の球団の興味を膨らませ、7球団が契約を勝ち取ろうと躍起になった。大谷の入団でアリゾナでの春季キャンプ、オープン戦は2013年以来の狂乱となるだろう。ハミルトン、トラウト、プホルスが集結したときのように」と解説している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 大谷翔平フィーバーは鎮火せず 所属先決まっても米メディアはトップ扱い
  • 大谷翔平フィーバーは鎮火せず 所属先決まっても米メディアはトップ扱い
  • 大谷翔平フィーバーは鎮火せず 所属先決まっても米メディアはトップ扱い

「スポーツ」のランキング