産経ニュース

【カヌー薬物混入】選手へのカウンセリング導入へ 日本連盟、五輪出場への焦りが背景 

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【カヌー薬物混入】
選手へのカウンセリング導入へ 日本連盟、五輪出場への焦りが背景 

スポーツ庁を訪問し、今里譲次長(右)に謝罪する日本カヌー連盟の成田昌憲会長(中央)ら=11日午前、同庁 スポーツ庁を訪問し、今里譲次長(右)に謝罪する日本カヌー連盟の成田昌憲会長(中央)ら=11日午前、同庁

 日本カヌー連盟は11日、鈴木康大選手(32)=福島県協会=が昨年9月のスプリント日本選手権で小松正治選手(25)=愛媛県協会=の飲み物に禁止薬物を混入させた問題を踏まえ、選手のメンタルケアのためのカウンセリング制度を設けることを明らかにした。

 問題の背景に鈴木選手が五輪出場を巡る争いで焦りを感じていたことがあり、古谷利彦専務理事は「ストレスを受け、強いプレッシャーの中で日々頑張っている選手が、悩みを打ち明けたり相談したりできる体制を早急につくりたい」と述べた。来週、専門のカウンセラーをスプリント選手の強化合宿に派遣する。

 混入を知らずに飲んだ小松選手はドーピング検査で陽性となり、一時は日本アンチ・ドーピング機構(JADA)に資格を停止されたが、鈴木選手が不正を認め、処分は解除された。鈴木選手はJADAから8年間の資格停止処分を科された。

「スポーツ」のランキング