産経ニュース

【カヌー薬物混入】五輪ライバルに薬物 鈴木康大選手、資格停止8年 石川県警、被害届を受理

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【カヌー薬物混入】
五輪ライバルに薬物 鈴木康大選手、資格停止8年 石川県警、被害届を受理

鈴木康大選手 鈴木康大選手

 日本カヌー連盟は9日、昨年9月のスプリント日本選手権(石川県小松市)に出場した鈴木康大(やすひろ)選手(32)=福島県協会=が、大会中に小松正治選手(25)=愛媛県協会=の飲み物に意図的に禁止薬物の筋肉増強剤を混入し、小松選手がドーピング検査で陽性となったと発表した。

 ともに昨夏の世界選手権(チェコ)に出場し、2020年東京五輪を目指すトップ選手。日本アンチ・ドーピング機構(JADA)によると、他者からの混入によるドーピング違反発覚は国内初。JADAは鈴木選手に8年間の資格停止処分を科すとともに、暫定的な資格停止となっていた小松選手の処分を解除した。日本連盟は「フェアプレー精神に反し、極めて悪質」として、鈴木選手の除名処分を理事会、総会に提案することを決めた。

 日本連盟などの調べによると、鈴木選手は小松選手の飲料に筋肉増強剤のメタンジエノンを混入した。小松選手は禁止薬物の摂取を否定し、同連盟による調査の過程で、鈴木選手が禁止薬物の混入を認めた。動機について「地元(東京)での五輪開催で、何とか出たい思いがあった」などと話しているという。小松選手は処分を免れるが、日本選手権の成績は抹消となる。

 10年ごろから大会や海外遠征中にパドルの破損や現金の盗難などが度々発生。調査に対し、鈴木選手が一部への関与を認め、小松選手以外への妨害行為も証言したという。石川県警は9日、薬物を混入されたほか、競技で使用する道具を盗まれたとする被害届を小松選手から受理したことを明らかにした。

 東京都内で会見した日本連盟の成田昌憲会長は「スポーツ関係者すべての方々におわび申し上げる」と謝罪した。

関連ニュース

「スポーツ」のランキング