産経ニュース

【春高バレー】「詰めの甘さ出た」洛南 

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【春高バレー】
「詰めの甘さ出た」洛南 

第2セット、ブロックに跳ぶ洛南・山本龍(3)、溝井健太(9)=8日、東京体育館(佐藤徳昭撮影)  第2セット、ブロックに跳ぶ洛南・山本龍(3)、溝井健太(9)=8日、東京体育館(佐藤徳昭撮影) 

 なかなか相手のコートにボールを落とせなかった。洛南のともに2年生のアタッカー大塚達宣と垂水優芽のスパイクは鎮西にレシーブされる場面が目立った。細田哲也監督は「コースを狙えていない証拠。最後に詰めの甘さが出てしまった」と敗れた一因に挙げた。

 第1セットの序盤ではリードを奪った。失えば敗れる第3セット中盤には一時逆転した。優勝への執念は見せた。ただ、鎮西は勝負どころになると確実に得点を決めてきた。細田監督は「打ってくるとわかっていても止められない。脱帽です」と敵を褒めた。

 1、2年生主体で決勝まで進んだ。優秀選手にも選ばれた大塚は「大舞台でプレーできたことは幸せ。来年はもっと決められるエースになって戻ってきたい」と雪辱を誓った。(佐々木正明)

このニュースの写真

  • 「詰めの甘さ出た」洛南 
  • 「詰めの甘さ出た」洛南 

「スポーツ」のランキング