産経ニュース

【春の高校バレー】京都・洛南、要所で集中力 初の劣勢ひるまず連続得点

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【春の高校バレー】
京都・洛南、要所で集中力 初の劣勢ひるまず連続得点

第4セット、得点し、喜ぶ洛南・垂水優芽(4)、吉田悠眞(5)ら=7日、東京体育館(佐藤徳昭撮影) 第4セット、得点し、喜ぶ洛南・垂水優芽(4)、吉田悠眞(5)ら=7日、東京体育館(佐藤徳昭撮影)

 ベスト4までの4試合で、劣勢になる場面もなく快進撃を続けてきた洛南。準決勝で初めて試練が訪れた。

 相手は強豪・東亜学園。第1セットを奪われ、今大会初めてセットを失った。「地元応援団の大声援に押された」と2年生エースの大塚達宣。第3セットまで一進一退の攻防が続いた。

 第4セットに入る前、細田哲也監督は「君たちの実力はこんなものではない。もっとおもしろいことをやろう」と言葉をかけた。笑顔でコートに戻る選手を見て、やってくれると予感した。

 9-7でリードした場面、吉田悠真主将(3年)のサーブが勝負を分けた。レシーブが苦手な相手アタッカーを狙って守備を崩し、連続5得点。この試合初めて点差が広がり「あれで流れをつかむことができた」と吉田。一気に畳みかけ、勝負を決した。

 今年の主力は2年生4人。チームを束ねる吉田は下級生たちの特徴をつかみ、それぞれ違う指示を出してきた。力みがちな大塚には「フォームを意識してスパイクを打ったらいい」。もう1人のエース、垂水優芽(2年)は冷静すぎる面もあり「ミスを恐れず、もっと思い切りやれ」とアドバイスを送った。

 決勝は高校総体覇者の鎮西。「エース2枚看板がいい攻撃をしてくる。それでも後半にばててミスが出てくるはず。そこを突きたい」と吉田。悲願の日本一まであと1勝。王者を倒すイメージはもうできている。(佐々木正明)

このニュースの写真

  • 京都・洛南、要所で集中力 初の劣勢ひるまず連続得点
  • 京都・洛南、要所で集中力 初の劣勢ひるまず連続得点

「スポーツ」のランキング