産経ニュース

【春高バレー】東京 東亜学園、下北沢成徳が4強 八王子実践はフルセットの末敗退

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【春高バレー】
東京 東亜学園、下北沢成徳が4強 八王子実践はフルセットの末敗退

準々決勝東亜学園(東京)対北陸(福井) 第2セット、スパイクに跳ぶ東亜学園・内藤雄太(8)=6日、東京体育館(長尾みなみ撮影) 準々決勝東亜学園(東京)対北陸(福井) 第2セット、スパイクに跳ぶ東亜学園・内藤雄太(8)=6日、東京体育館(長尾みなみ撮影)

 ジャパネット杯「春の高校バレー」第70回全日本バレーボール高校選手権大会は6日、東京・千駄ケ谷の東京体育館で男女の3回戦と準々決勝計24試合が行われた。東京都代表は男女3校が出場。準々決勝で、男子の東亜学園は北陸(福井)に、女子の下北沢成徳は奈良女(奈良)に、いずれもストレート勝ちを収め、4強進出を果たした。八王子実践は東九州龍谷(大分)にフルセットの末敗れた。7日の準決勝では、東亜学園が洛南(京都)と、下北沢成徳は金蘭会(大阪)と決勝進出をかけて戦う。

 東亜学園は、習志野、大村工を破る番狂わせで勢いに乗る北陸が準々決勝の相手。全員で仕掛ける得意の時間差攻撃、3枚ブロックのプレッシャーで相手のミスを誘う。内藤や竹沢らのクイックで北陸の守備を崩し、ストレートで下した。

 ハイライトは2セット目の後半。主将の小田島は渾身(こんしん)のスパイクを北陸のコートにたたき込み、歓喜の雄たけびをあげ仲間と抱き合った。「喜びを全部出し、自分たちに勢いを持ってくる」(小田島)の言葉通り勢いづいた。

 3回戦ではフルセットを制したが、攻めきれない場面もみられた。サーブカットと攻撃に課題を見つけ、修正したことが準々決勝の勝利に結びついた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 東京 東亜学園、下北沢成徳が4強 八王子実践はフルセットの末敗退
  • 東京 東亜学園、下北沢成徳が4強 八王子実践はフルセットの末敗退
  • 東京 東亜学園、下北沢成徳が4強 八王子実践はフルセットの末敗退
  • 東京 東亜学園、下北沢成徳が4強 八王子実践はフルセットの末敗退
  • 東京 東亜学園、下北沢成徳が4強 八王子実践はフルセットの末敗退

「スポーツ」のランキング