産経ニュース

【春高バレー】男子 荏田(神奈川)、3枚ブロックも及ばず敗退

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【春高バレー】
男子 荏田(神奈川)、3枚ブロックも及ばず敗退

第2セット、ブロックに跳ぶ荏田・重藤トビアス赳(2)、中尾裕(6)、溝田篤志(7)=6日、東京体育館(福島範和撮影)  第2セット、ブロックに跳ぶ荏田・重藤トビアス赳(2)、中尾裕(6)、溝田篤志(7)=6日、東京体育館(福島範和撮影) 

 ジャパネット杯「春の高校バレー」第70回全日本高校バレーボール選手権大会は6日、東京・千駄ケ谷の東京体育館で男女の3回戦と準々決勝計24試合が行われた。県代表男子・荏田は3回戦で洛南(京都)と対戦し敗退。県勢は春高バレーの舞台から姿を消した。

 第1セット、菊永の放ったスパイクで先制したのもつかの間、すぐに点を取り返され、序盤から息詰まる展開となった。

 清水のキレのあるスパイクで着実に点を重ねるが、中盤でサーブレシーブのミスが重なり5連続失点。エース重藤やリベロ黒沢らが粘り強くレシーブでボールをつなぐも、相手の手堅いブロックや角度のついたスパイクに翻弄され、このセットを落とした。

 第2セットは、相手チームの身長193センチのエースが放つ強烈なスパイクが、菊永、中尾、溝田の3枚ブロックを越えて立て続けに点を奪われる。中盤に溝田がアウトラインぎりぎりを狙ったスパイクを決めるなど盛り返したが、相手のドライブがかかったスパイクで攻められるなど失点が続き、点差は開くばかり。苦しい展開を打破することはできず、8強進出は果たせなかった。

 ○荏田・斎藤雅明監督「春高バレーの緊張感を味わえたことは、2年生にとっても大きな成果だ。今のペースを保ち練習を続けていく」

「スポーツ」のランキング