産経ニュース

【春高バレー】栃木 足利工大付、破竹の攻撃で3回戦進出

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【春高バレー】
栃木 足利工大付、破竹の攻撃で3回戦進出

清風に勝利し、歓喜する足利工大付の選手ら=5日、東京体育館(福島範和撮影) 清風に勝利し、歓喜する足利工大付の選手ら=5日、東京体育館(福島範和撮影)

 ジャパネット杯「春の高校バレー」第70回全日本バレーボール高校選手権は5日、東京・千駄ケ谷の東京体育館で2回戦32試合が行われた。栃木県代表の足利工大付は2-0で清風(大阪)を下し、3回戦へ駒を進めた。6日に鎮西(熊本)と対戦する。

 足利工大付は1回戦の勢いそのままに強烈なスパイクでたたみかける攻めのバレーを展開し、清風を寄せ付けずにストレートで勝利した。

 第1セット、最高到達点336センチの高さを誇る加藤の痛烈なスパイクで先制点を挙げる。序盤からコートを広く使うセッター・小倉の巧みなトス回しが光り、金沢、塚越の両エースを中心にアタッカー陣が鋭いスパイクを量産。破竹の勢いで攻撃を仕掛け、25-18でこのセットを奪取した。

 続く第2セットも序盤から小倉のツーアタックが決まるなど多彩な攻めを見せるが、相手の鋭いスパイクや堅い守備に苦戦。なかなか振り切れないがリードは許さない状態が続くも、終盤にはロングラリーを五月女のスパイクできっちりと制すなどし、相手を突き放す。最後には金沢の強烈なストレートへのスパイクで決勝点を挙げ、25-19で清風を下した。

○新井房巳・足利工大付監督「2戦目となって徐々に自分たちのプレーができてきている。強打だけにならないように攻撃のバリエーションを広げていきたい」

このニュースの写真

  • 栃木 足利工大付、破竹の攻撃で3回戦進出

「スポーツ」のランキング