産経ニュース

【春高バレー】新潟 中越、食らいつくも一歩及ばず

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【春高バレー】
新潟 中越、食らいつくも一歩及ばず

鹿児島南(鹿児島)対中越(新潟) 第1セット、スパイクを放つ中越・佐藤美穂菜(1)=5日、東京体育館(長尾みなみ撮影) 鹿児島南(鹿児島)対中越(新潟) 第1セット、スパイクを放つ中越・佐藤美穂菜(1)=5日、東京体育館(長尾みなみ撮影)

 ジャパネット杯「春の高校バレー」第70回全日本バレーボール高校選手権は5日、東京・千駄ケ谷の東京体育館で男女の2回戦計32試合が行われた。初出場の新潟県代表の女子・中越は鹿児島南(鹿児島)を相手に健闘するも、2-0でストレート負けを喫し、3回戦進出はならなかった。

 粘りのディフェンスと、積極的な攻めの姿勢を保ちながら試合に臨んだが、一歩及ばなかった。

 第1セット。中越はチームのエース、佐藤美の鋭いアタックで先制する。しかし、その後は相手の強固なブロックとレシーブに攻撃をはじかれ、なかなか突き崩すことができない。逆に相手の強打に翻弄され、18-25で第1セットを落とした。

 第2セットも攻撃の主導権を相手に握られ、打ち返せない展開が続く。佐藤美とミドルブロッカーの永井なども躍動し、懸命に食らいついたが、最後は16-25で敗れ、涙をのんだ。

 試合後、主将の土田は「正直、悔いが残る試合だった」と唇をかみしめたが、「チームの一体感があれば、また春高に来ることができると思う」と笑顔で語り、後輩に思いを託していた。

 ●中越・本間克敬監督

 「自分たちの思うようなボールまで持っていけなかった。選手たちは、最後まで粘り強くやってくれたと思う」

このニュースの写真

  • 新潟 中越、食らいつくも一歩及ばず
  • 新潟 中越、食らいつくも一歩及ばず

「スポーツ」のランキング