産経ニュース

【春高バレー】山梨 日本航空、果敢に攻めるも力尽きる

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【春高バレー】
山梨 日本航空、果敢に攻めるも力尽きる

日本航空(山梨)対崇徳(広島) 第1セット、ブロックに跳ぶ日本航空・清水勇介(1)、大竹良介(5)、小林桜太(4)=5日、東京体育館(須谷友郁撮影) 日本航空(山梨)対崇徳(広島) 第1セット、ブロックに跳ぶ日本航空・清水勇介(1)、大竹良介(5)、小林桜太(4)=5日、東京体育館(須谷友郁撮影)

 ジャパネット杯「春の高校バレー」第70回全日本バレーボール高校選手権は5日、東京・千駄ケ谷の東京体育館で男女の2回戦計32試合が行われた。山梨県代表男子の日本航空は崇徳(広島)と熱戦を繰り広げたが、一歩及ばず1-2で敗れた。山梨県勢は男女ともに姿を消した。

 日本航空は小林桜らが果敢に攻めたが、崇徳の守りを崩すことはできなかった。

 第1セットを落とした後の第2セット。序盤は相手にリードを許したが、レシーブが安定し、ブロックが機能するようになり、徐々に点差を縮める。小林桜、大竹、丸山の3枚ブロックや小林桜のバックアタックなどで形勢を逆転。大竹と上村の速攻で流れを引き寄せ、さらに出浦や小林桜の攻撃で点差を広げた。上村の速攻でセットポイントを奪った後、小林桜の攻撃でセットをものにし、フルセットに持ち込んだ。

 勢いに乗りたい第3セットだったが、序盤から相手に先行される。小林桜らが攻め込むが、主導権を奪えず苦戦。終盤、主将の清水や上村の攻撃が決まるが、反撃もここまでだった。

 惜しくも3回戦進出はならなかったが、健闘した選手たちに応援席から温かい拍手が送られた。

 ●日本航空・月岡裕二監督

 「相手は地力で上回っていたが、2セット目はうちの持ち味を出せた。全国で戦った経験は力になる」

このニュースの写真

  • 山梨 日本航空、果敢に攻めるも力尽きる

「スポーツ」のランキング