産経ニュース

【春高バレー】茨城 土浦日大、悲願の初戦突破 水戸啓明は敗退

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【春高バレー】
茨城 土浦日大、悲願の初戦突破 水戸啓明は敗退

土浦日大(茨城)対進徳女(広島) 試合に勝利し喜びを爆発させる土浦日大の選手=5日、東京体育館(長尾みなみ撮影) 土浦日大(茨城)対進徳女(広島) 試合に勝利し喜びを爆発させる土浦日大の選手=5日、東京体育館(長尾みなみ撮影)

 ジャパネット杯「春の高校バレー」第70回全日本バレーボール高校選手権は5日、東京・千駄ケ谷の東京体育館で2回戦計32試合が行われた。茨城県代表の女子、土浦日大は進徳女(広島)と対戦し、2-1で悲願の初戦突破を果たした。男子の水戸啓明は市尼崎(兵庫)に0-2で負け、3回戦進出はかなわなかった。土浦日大は6日の3回戦で富山第一(富山)と相まみえる。

 試合はフルセットの熱戦となったが、粘り強いブロックとレシーブで攻撃のチャンスを作り、最後には進徳女を突き放した。11年連続出場の土浦日大だが、初戦突破は6年ぶり。「大きな勝利だ。これで勢いに乗れる」(貝塚)と選手らも喜びを爆発させた。

 第1セットは、リードを許したまま迎えた終盤、ライト萱山の力強いスパイクなどで6連続得点。大逆転して25-22でこのセットを取る。第2セットはサーブミスが目立ち、勢いに乗れず15-25で落とした。

 気持ちを切り替え、第3セットでは始終主導権を握った。中でもレフト中島がエースの本領を発揮し、最後は「思い切り打った」という、相手ブロックを吹き飛ばす強烈なスパイクで勝利をもぎ取った。

 ○土浦日大・吉田達也監督 

「ブロックが粘り強くボールに触ることができた。明日からも集中して臨んでほしい」

続きを読む

このニュースの写真

  • 茨城 土浦日大、悲願の初戦突破 水戸啓明は敗退
  • 茨城 土浦日大、悲願の初戦突破 水戸啓明は敗退
  • 茨城 土浦日大、悲願の初戦突破 水戸啓明は敗退

「スポーツ」のランキング