産経ニュース

【貴乃花理事解任】貴乃花親方VS協会執行部 角界混迷…権力争いの様相 理事選へ高まる緊張

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【貴乃花理事解任】
貴乃花親方VS協会執行部 角界混迷…権力争いの様相 理事選へ高まる緊張

日本相撲協会をめぐる勢力図 日本相撲協会をめぐる勢力図

 大相撲の元横綱日馬富士関による暴行事件は、4日に承認された貴乃花親方(元横綱)の理事解任で関係者への処分が終わり、日本相撲協会は一区切りとしたい考えだ。しかし、同親方と八角理事長(元横綱北勝海)をトップとする執行部の溝はいまだに深い。両者の対立は権力争いの様相を呈し、2月の理事候補選挙に向けて緊張感が高まっている。

                  

 貴乃花親方が執行部に反目したのは、八角理事長の体制になってから。北の湖前理事長(元横綱)は平成26年4月、当時41歳の貴乃花親方を、ファンサービスなどを担う総合企画部長として執行部入りさせるなど知名度と行動力を高く買っていた。

 しかし27年11月に前理事長が急逝。翌年春の理事長選で貴乃花親方を破った八角理事長は、貴乃花親方を巡業部長とし、執行部から外した。協会ナンバー2の事業部長には同親方と対立関係にある尾車親方(元大関琴風)を起用した。

 今回の事件で、貴乃花親方は鳥取県警へ被害届を出しながら、協会の調査をかたくなに拒み続けた。最近の理事会では意見を問われても、まともな発言すらしないといわれ、2年前の遺恨が透けてみえる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 貴乃花親方VS協会執行部 角界混迷…権力争いの様相 理事選へ高まる緊張

「スポーツ」のランキング