産経ニュース

【春高バレー】男子・前橋商(群馬)、中盤からの反攻むなしく「精神的な弱さが出てしまった」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【春高バレー】
男子・前橋商(群馬)、中盤からの反攻むなしく「精神的な弱さが出てしまった」

【創造学園-前橋商】第1セット、ブロックに跳ぶ前橋商・山口峻助(中)ら=4日、東京体育館(福島範和撮影)  【創造学園-前橋商】第1セット、ブロックに跳ぶ前橋商・山口峻助(中)ら=4日、東京体育館(福島範和撮影) 

 ジャパネット杯「春の高校バレー」第70回全日本バレーボール高校選手権大会は4日、東京・千駄ヶ谷の東京体育館で開幕し、男女1回戦40試合が行われた。県代表の前橋商は創造学園(長野)と接戦を繰り広げるも、セットカウント1-2で敗北。5日の2回戦では、女子・高崎商大付が福井工大福井(福井)と対戦する。

 前橋商は序盤で苦戦するも、中盤からは攻守がかみ合い、2年生のアタッカーたちが鋭いスパイクで強豪相手に大立ち回りを見せた。リベロの笹原を中心に、3年生が相手の猛攻を受けきりフルセットに持ち込んだが、終盤の連携ミスで引き離され、涙をのんだ。

 第1セット、硬さの目立つ前橋商はスパイクでアウトを連発。11-25と大差を付けられ、セットを落とした。

 続く第2セットは、金沢、早川、山口のアタッカー陣にエンジンがかかり、角度をつけたスパイクで相手を翻弄。このセットを25-22で取り返すと、勝負は振り出しに。

 第3セットは互いに1歩も譲らず激しい打ち合いとなった。セッターの清水亮はエースの金沢にトスを集めたが、終盤、痛恨の連携ミスが続き、このセットを19-25で落とし、惜敗した。

 ●前橋商・小林潤監督「最終セットで、精神的な弱さが出てしまった。またこの舞台に戻り、悔しさを晴らしたい」

「スポーツ」のランキング