産経ニュース

【春高バレー】「いいところでブロック決まった」 初出場で初戦突破の男子・水戸啓明(茨城)

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【春高バレー】
「いいところでブロック決まった」 初出場で初戦突破の男子・水戸啓明(茨城)

第1セット、ブロックに跳ぶ水戸啓明・清水航佑(3)、賀谷光翔(5)=4日、東京体育館(福島範和撮影)  第1セット、ブロックに跳ぶ水戸啓明・清水航佑(3)、賀谷光翔(5)=4日、東京体育館(福島範和撮影) 

 ジャパネット杯「春の高校バレー」第70回全日本バレーボール選手権は4日、東京・千駄ケ谷の東京体育館で開幕し、男女の1回戦40試合が行われた。県代表の男子・水戸啓明は東福岡(福岡)をストレートで下し、2回戦に進出した。5日の2回戦では、水戸啓明が市尼崎(兵庫)と、女子・土浦日大が進徳女(広島)と対戦する。

 強豪校の東福岡に対し、「一切下調べせず臨んだ」(後藤達哉監督)という水戸啓明だったが、鍛え上げてきたブロックで相手の攻撃を軽減し、チャンスボールにつなげる得意なバレーを冷静に展開。初出場ながら、始終危なげない内容で快勝した。

 第1セットは序盤こそ東福岡にリードを許したものの、主将でエースの内山の強烈なサーブで一気に流れを引き寄せ、猛攻を開始。「気持ちに余裕があり、打つべき場所がよく見えた」というレフト友部の緩急を付けた攻撃も相手を翻弄し、25-21でセットをものにした。

 勢いに乗った第2セットも、内山や友部らサイドプレーヤーの鋭いスパイクや、センター賀谷の高さのある攻撃など、多彩な攻撃で得点を重ねた。大事な場面でのブロックポイントも決まり、25-20で第2セットも奪って2回戦に駒を進めた。

 ○水戸啓明・後藤達哉監督「まさかここまでのゲームができるとは思っていなかった。いいところでブロックが決まり、理想の展開だった」

このニュースの写真

  • 「いいところでブロック決まった」 初出場で初戦突破の男子・水戸啓明(茨城)

「スポーツ」のランキング