産経ニュース

【日本スプリントの挑戦】400メートルリレー 走らざる者の苦衷 藤光謙司、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の世界陸上

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【日本スプリントの挑戦】
400メートルリレー 走らざる者の苦衷 藤光謙司、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の世界陸上

2017年08月12日、陸上の世界選手権男子400メートルリレー決勝で銅メダルを獲得したのは(左から)藤光、多田、桐生、飯塚だった(川口良介撮影) 2017年08月12日、陸上の世界選手権男子400メートルリレー決勝で銅メダルを獲得したのは(左から)藤光、多田、桐生、飯塚だった(川口良介撮影)

 今回の世界選手権は個人種目での出場資格は手にできなかった。リレーだけ、それも出場できる保証のない「リレー要員」での代表選出。それでも、しっかり気持ちは作っていた。

 予選で日本は3走の桐生と4走のケンブリッジのバトンパスが詰まった。ケンブリッジの動き出しがわずかに遅れ、加速に乗る前に桐生が接近。あっという間に互いの体が重なる程になり、桐生はバトンを持っている右腕を窮屈そうに畳み、何とかケンブリッジの左手にバトンをねじ込んだ。桐生の体がレーンの左側にはみ出そうになる危ないバトンパスになってしまったのだ。

 苅部らコーチ陣は予選を見て、ケンブリッジが本来の動きではないと判断。動き出しだけでなく、中間疾走の局面も精彩を欠いているとみた。100メートルの走力だけでなく、バトンパスのタイムも総合的に考えた場合、今回は藤光に代えた方が速いだろう。そう決断したのだった。

 実際、藤光の技術は安定していた。複数の関係者によると、事前の合宿などで、「テークオーバーゾーン」(バトンパスが可能なエリア)の20メートルに前後10メートルずつを加えた40メートルのタイムを計測したところ、「桐生-ケンブリッジ」が3秒8台だったのに対し、「桐生-藤光」の組み合わせは3秒6~7台だった。0秒1~2の差というのは、距離に換算すれば約1~2メートルの違いになる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 400メートルリレー 走らざる者の苦衷 藤光謙司、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の世界陸上
  • 400メートルリレー 走らざる者の苦衷 藤光謙司、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の世界陸上
  • 400メートルリレー 走らざる者の苦衷 藤光謙司、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の世界陸上

「スポーツ」のランキング