産経ニュース

【高校ラグビー】常翔学園 チーム一の俊足、河野が3トライ「決勝の舞台に立つ!」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【高校ラグビー】
常翔学園 チーム一の俊足、河野が3トライ「決勝の舞台に立つ!」

 全国高校ラグビー大会第2日は28日、東大阪市の花園ラグビー場で1回戦の残り11試合が行われ、全国優勝5度を誇る常翔学園(大阪第3)は仙台育英(宮城)に61-15で快勝した。

 常翔学園が、“電光石火”の先制トライから一気に試合の流れをつかんだ。

 前半5分、自陣22メートルでのラックからテンポ良く左につなぎ、最後は3年生のWTB河野がぐんぐん加速して1つ目のトライを決めた。50メートル6秒というチーム一の俊足を生かし、この日計3トライを奪った韋駄天は「次の試合も自信を持って臨める」と語った。

【第97回全国高校ラグビー】1回戦 常翔学園(大阪第3)対仙台育英(宮城) 前半、常翔学園・河野竣太(#11)がトライを決める =大阪府東大阪市の花園ラグビー場(撮影・村本聡) 【第97回全国高校ラグビー】1回戦 常翔学園(大阪第3)対仙台育英(宮城) 前半、常翔学園・河野竣太(#11)がトライを決める =大阪府東大阪市の花園ラグビー場(撮影・村本聡)

 優勝5度を誇る名門校だが、春の近畿大会1回戦で強豪の京都成章に敗れた。今大会で大阪工大高時代を含め36回目の出場だが、初のノーシードという“屈辱”を味わった。

 河野は今年前半を振り返り、「自分たちはやれるという自信があったが、実際は弱かった」。夏には3年生だけで北海道合宿を行うなど、戦力の底上げを図ってきた。過去に花園でノーシード校の優勝はないが、「決勝の舞台に立ち、優勝したい」と史上初の快挙を成し遂げる覚悟を示した。(岡野祐己)

このニュースの写真

  • 常翔学園 チーム一の俊足、河野が3トライ「決勝の舞台に立つ!」

「スポーツ」のランキング