産経ニュース

【貴乃花降格】親方の後援会長が胸中代弁「モンゴル力士会はダメ」 「暴力」「なれ合い」かねてから危惧

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【貴乃花降格】
親方の後援会長が胸中代弁「モンゴル力士会はダメ」 「暴力」「なれ合い」かねてから危惧

同じモンゴル出身の日馬富士(写真)による貴ノ岩への傷害。貴乃花親方が危惧していた事態が生じた形だ 同じモンゴル出身の日馬富士(写真)による貴ノ岩への傷害。貴乃花親方が危惧していた事態が生じた形だ

 元横綱日馬富士(33)が平幕貴ノ岩(27)を殴打した傷害事件で、日本相撲協会側と徹底抗戦している貴乃花親方(45)の“真意”について核心を突く証言が出てきた。九州の有力後援会関係者は、貴乃花親方が以前から角界にはびこる「暴力」や、モンゴル力士会の「なれ合い」について「あれはダメだ」と強く批判していたことを夕刊フジに独占激白した。(夕刊フジ)

 貴乃花親方の胸中を代弁するのは、部屋の福岡県・田川後援会長、緒方正年氏(70)。北九州を拠点に「山小屋」など筑豊ラーメンのチェーン店をはじめ、飲食店を国内外に展開する企業の名誉会長を務める。

 トラック運転手からラーメン店経営に転じ、ジャスダック上場にこぎつけた苦労人の緒方氏と部屋の関係は、先代の貴ノ花親方がラーメン店を訪れたことがきっかけだという。

 九州場所の際に貴乃花部屋をサポートする緒方氏は、貴乃花親方がかねてから角界の現状について不満を吐露していたと明かす。

 「一緒に食事した際、親方には『小さい暴力でもダメ』といつも聞かされていた。暴力があると、将来的に若い力士が相撲界に入ってこない。ちびっこ相撲にも力を入れている親方としては、若い者を育てるには暴力沙汰は絶対にいけないと考えている。暴力問題が発覚したら、力士になりたくても親が反対するやないですか。そういうことを一番思っていた」

続きを読む

「スポーツ」のランキング