産経ニュース

春高バレー注目選手(岩手) 不来方・新谷翼選手(2年) 高さでブロックと強打

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


春高バレー注目選手(岩手) 不来方・新谷翼選手(2年) 高さでブロックと強打

 伸び盛りの2年生はチーム最長身の196センチ。最高到達点は330センチに達するミドルブロッカーは、この高さを活かしたブロックとサウスポーからの強打で6年ぶりの全国切符獲得に貢献した。「120点の出来」と佐々木幸浩監督も県予選会のプレーを高く評価、全国大会でチーム浮沈の鍵を握るキーマンに指名した。

 北海道小樽市生まれ。父親の転勤で盛岡市に移り住み、小学4年からバレーボールを始めた。高い素質は早くから注目されていた。盛岡市の下ノ橋中3年で全日本中学選抜のメンバーに選ばれ、タイ遠征に参加した。高校入学時にすでに身長が190センチを超えていた。

 課題は線の細さ。体重が72キロしかない。毎日の練習メニューを「食べることと筋トレ」と話すほど、スパイクの威力を増すため、ジャンプ力とその滞空力をつけるために人一倍体づくりに努めてきた。「視野が広い狙ったコースに打ち分けられるオールラウンダー」が理想だ。

 3回戦進出を果たせば今夏の全国高校総体優勝の鎮西(熊本)と対戦する可能性が高い。「彼の高さで相手にプレッシャーをかけたい」と佐々木監督。進化を続けるサウスポーに期待だ。(石田征広)

「スポーツ」のランキング