産経ニュース

【春高バレーチーム紹介】男子 5年ぶり出場の弥栄「まずは初戦突破を」 神奈川

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【春高バレーチーム紹介】
男子 5年ぶり出場の弥栄「まずは初戦突破を」 神奈川

 5年ぶりに春高の舞台に舞い戻る。同部の山下裕之顧問は「まずは、初戦突破を目標に頑張りたい」と控えめだが、今年は6月に行われた全国高校総合体育大会の県予選を制してインターハイに出場。7月の天皇杯全日本選手権県予選も優勝し、インターハイと天皇杯の県大会2冠を達成。春高の県予選では決勝で敗れたものの、確かな実績とともに春高でも上位進出を狙う。

 メンバーに高さはないものの、サイドからの速いコンビバレーが身上。チームの軸は主将でエースアタッカーの内田大希選手。高いジャンプ力に加え、鋭い腕の振りから繰り出されるスパイクには威力があり、精神的支柱としてもチームを引っ張る。

 県予選では、サーブカットの乱れがきっかけで試合のリズムがつくれなかったこともあり、サーブカットの精度を上げることが春高までの課題。けがには細心の注意を払いつつも、最後まで調整には余念がない。

 初戦での対戦相手は都城工(宮崎)に決定。相手の印象について、山下顧問は「全国制覇の経験もある強豪。過去対戦した際には負けているので、リベンジしたい」と闘志を燃やす。

 内田選手は「相手は攻撃力の高いチームだが、小さい選手でも全国で戦えるということを証明したい」と意気込んだ。

                   ◇

 ■県立弥栄高校(相模原市中央区弥栄) 普通科と専門学科からなる単位制高校。平成20年度に弥栄東高校と弥栄西高校が統合してできた。運動、文化ともに部活動が盛ん。

「スポーツ」のランキング