産経ニュース

春高バレー代表校を必勝ダルマで激励 群馬

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


春高バレー代表校を必勝ダルマで激励 群馬

 来年1月4日に開幕する「ジャパネット杯 春の高校バレー」第70回全日本バレーボール高校選手権大会(東京体育館、産経新聞社など主催)の県代表、前橋商(男子)と高崎商大付(女子)のメンバーに15日、群馬県産経会(関口賢一会長)が必勝ダルマを贈呈し、激励した。

 「頑張れ前橋商、必勝」と書かれたダルマ15個を北爪良生・前橋富士見店所長が同校体育館で選手に手渡した。前橋商は20年ぶり11回目の出場で、今年は県内主要大会4冠。さらに清水亮主将は選手宣誓まで引き当てた。「(選手宣誓は)試合より緊張すると思う。ただチームの調子はいい。粘り負けないように対戦したい」と力強く語った。

 2年連続12回目の出場となる高崎商大付には関口隆宏・高崎中央店所長が同校体育館で贈呈。ダルマを受け取った桑原愛璃主将は「今回も対戦相手は強豪だけど、速い攻撃を混ぜながら、全員で勝ちにいきたい」。必勝を願って目を書き入れた。

 前橋商は1月4日に創造学園(長野)と、高崎商大付は5日の2回戦で、米沢中央(山形)と福井工大福井(福井)の勝者と対戦する。両校とも今後、複数の出場校と強化試合などをこなして本番に備える。

「スポーツ」のランキング