産経ニュース

【春高バレー】出るからにはV目指す 水戸啓明チームが市長表敬

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【春高バレー】
出るからにはV目指す 水戸啓明チームが市長表敬

 「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われる第70回全日本バレーボール高校選手権(日本バレーボール協会、産経新聞社、フジテレビなど主催)に出場する水戸啓明男子バレー部の選手たちが14日、水戸市の高橋靖市長を表敬訪問した。同部は春高バレー初出場で、内山裕瑛主将は「出るからには優勝を目指す」と力強く語った。

 水戸市内の高校が代表となるのは、平成18年の大成女以来11年ぶりで、男子では昭和48年の水城以来44年ぶり。同部は部員が16人と比較的少なく、高橋市長は「少数精鋭で出場を勝ち取った。すごいことだ」と選手たちをたたえた。

 内山主将はチームの持ち味を「サーブで相手を崩し、ブロックで点数に結びつけることができる」と説明。「本番に向けて、練習により熱が入っている」と話した。高橋市長は「水戸の名を全国に売ってきて」とエールを送った。

 面会後、友部光貴副主将は「期待されているのが伝わった。応えられるよう頑張る」と意気込みを語った。

 大会は東京・千駄ケ谷の東京体育館で1月4日に開幕し、水戸啓明は同日の1回戦で東福岡(福岡)と対戦する。女子代表の土浦日大は、5日の2回戦で、松山東雲(愛媛)と進徳女(広島)の勝者と相まみえる。(上村茉由)

「スポーツ」のランキング