産経ニュース

【日馬富士暴行】貴乃花親方、なぜ裕次郎さん「嘆きのメロディー」熱唱? 相撲協会へのメッセージか

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【日馬富士暴行】
貴乃花親方、なぜ裕次郎さん「嘆きのメロディー」熱唱? 相撲協会へのメッセージか

打ち上げで歌を披露した貴乃花親方(写真)。裕次郎に思いを投影したのか 打ち上げで歌を披露した貴乃花親方(写真)。裕次郎に思いを投影したのか

 芸能評論家の肥留間正明氏は「西部警察に登場する刑事はどんなことがあっても妥協せずに正しいと思うことを貫いていた。貴乃花親方はボスを演じ、石原プロでもトップを務めた裕次郎さんに自分を投影したのだろう」と分析、「『嘆きのメロディー』を選んだのは、相撲協会に対して自分を通すという親方なりのメッセージだったのでは」との見解を示す。

 全国の裕次郎ファンの集い「ユージロ会」の伊田幸男会長は「いまの相撲界はモンゴル勢の活躍ばかりが目立ち、親方自身は昨年の理事長選で落選している。そんなやりきれなさが、あの歌を歌わせたのではないか」とコメントを寄せた。

「スポーツ」のランキング