産経ニュース

五輪から露除外 新潟市に余波 個人の選手は受け入れの意向

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


五輪から露除外 新潟市に余波 個人の選手は受け入れの意向

新潟市中央区の新潟アサヒアレックスアイスアリーナ(太田泰撮影) 新潟市中央区の新潟アサヒアレックスアイスアリーナ(太田泰撮影)

 来年2月の平昌五輪へのロシア選手団の参加を認めないと国際オリンピック委員会(IOC)が5日に決めたことを受け、同国のフィギュアスケート選手団の事前合宿地に決まっていた新潟市に余波が広がった。7日の記者会見で篠田昭市長は「残念だが選手団としての合宿はできなくなった。個人で希望があればできるだけ対応したい」と述べ、個人で出場する選手を受け入れる考えを示した。

 IOCは国主導で組織的なドーピングがあったとしてロシア・オリンピック委員会を資格停止し、一定の条件を満たした選手は個人での出場を認めるとした。

 同市には1月下旬から23日間、選手やコーチら計約30人が新潟アサヒアレックスアイスアリーナ(中央区鐘木)などを練習拠点に合宿し、市民との交流も予定されていた。女子で世界選手権2連覇のエフゲニア・メドベージェワ選手(17)も参加するとみられていた。篠田市長は「規模は小さくなるが、情報を収集して受け入れ人数や期間を早めに決めたい」と話した。

「スポーツ」のランキング