産経ニュース

【女子バレー】日本はアルゼンチンと初戦 来年秋の世界選手権

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【女子バレー】
日本はアルゼンチンと初戦 来年秋の世界選手権

対戦相手が決まり、気合を入れた中田久美監督(左から2人目)。右はFIVBのアキレアス・マブロマティス理事と日本協会の嶋岡健治会長=7日、東京・新宿(只木信昭撮影) 対戦相手が決まり、気合を入れた中田久美監督(左から2人目)。右はFIVBのアキレアス・マブロマティス理事と日本協会の嶋岡健治会長=7日、東京・新宿(只木信昭撮影)

 来秋に日本で開催されるバレーボール女子世界選手権の組み合わせ抽選会が7日、東京都内で行われ、世界ランキング6位の日本は9月29日の1次リーグA組初戦で同11位のアルゼンチンと戦うことになった。その後、オランダ、メキシコ、カメルーン、ドイツの順に顔を合わせる。A組は横浜アリーナが会場。

 日本開催は、銅メダルを獲得した2010年以来。中田久美監督は「わくわくとプレッシャーと複雑な思い。1次リーグは全勝で進みたい。戦闘モードに入る」と気持ちを高めた。

 14年の前回大会優勝の米国はロシア、韓国と同じC組。リオデジャネイロ五輪金メダルで世界ランキング1位の中国はイタリアなどと同じB組。1次リーグは24チームが4組に分かれて総当たりで争い、各組上位4チームが2次リーグに進む。

「スポーツ」のランキング