産経ニュース

【鈴木桂治 柔のすゝめ】「いい人=いい選手」にあらず

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【鈴木桂治 柔のすゝめ】
「いい人=いい選手」にあらず

 「いい人」と「いい選手」は、必ずしもイコールではない。1対1の勝負では、時として「相手を殺(あや)めてでも勝つ」という黒い感情が必要になる。善良な者、クールな者が畳の上で人格を変えるのは、教えられて身につくほど生やさしい作業ではない。

 先日行われたグランドスラム(GS)東京大会で、私が指導する100キロ級の飯田健太郎(19)=国士舘大1年=は7位だった。若さに似合わず冷静に試合を運べる聡明(そうめい)な選手だが、闘志を内に秘めたまま試合を終えた観がある。

 優勝した韓国選手との準々決勝は、延長戦で2つ目の指導を取られての負け。内容で引けを取ったわけではない。わずかでも優位を訴えようとする相手に比べ、「何が何でも」という押し出しが欠けていた。

 国士舘高時代に個人や団体でタイトルを手にした早咲きの俊英で、2月のGSパリ大会では、シニアの有力選手を破って優勝した。一昨年秋から全日本男子の強化指定も受けている。

 飯田の入部でわが国士舘大柔道部も引き締まった。練習に取り組む姿勢は真摯(しんし)で、悪評を聞いたことはない。4年生の中には「あいつを見ていると応援したくなる」との声もある。「いい人」の典型ともいえる飯田に、「相手を殺めてでも」という変節を教え込むのは至難だろう。

 実力はすでに大学のレベルを超えているものの、他の学生と同じ意識、同じ練習、同じ生活では強化選手の一人で終わってしまう。「お前たちとは違う」という強烈な自負があっていい。

続きを読む

「スポーツ」のランキング