産経ニュース

【平昌五輪】個人資格での出場にプーチン大統領「政権として邪魔はしない」 IOC、露を除外

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【平昌五輪】
個人資格での出場にプーチン大統領「政権として邪魔はしない」 IOC、露を除外

 【パリ=三井美奈、モスクワ=黒川信雄】国際オリンピック委員会(IOC)は5日、スイスのローザンヌで理事会を開き、国主導による組織的なドーピングがあったとしてロシア・オリンピック委員会(ROC)を資格停止とし、来年2月の平昌五輪への同国選手団の参加を認めないことを決めた。一方で、厳しい条件を満たして潔白を証明した選手は個人資格による参加を認めた。国旗や国歌の使用は認めない。

 ROCは12日にも同国選手が五輪に参加するかを決める見通しだが、ロシアのプーチン大統領は6日、IOCの決定について「ロシアにも一部悪いところがあった」と発言した。インタファクス通信が伝えた。選手が個人資格で五輪に出場することを「政権として邪魔はしない」とも述べた。

 IOCの調査委員会が、国ぐるみの不正を裏付ける物的証拠などを示した報告書を理事会に提出し、IOCは処分を決定。ROCのジューコフ会長のIOC委員資格を停止し、不正が行われた2014年ソチ五輪当時のロシアのスポーツ相、ムトコ副首相を五輪から永久追放した。調査費用などとしてROCに計1500万ドル(約17億円)を求めることも決めた。

続きを読む

「スポーツ」のランキング