産経ニュース

【サッカーW杯】日本の第3戦ポーランド 得点力高いレバンドフスキ 決勝Tへカギ握る

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【サッカーW杯】
日本の第3戦ポーランド 得点力高いレバンドフスキ 決勝Tへカギ握る

 ポーランドのレバンドフスキ(ロイター=共同)  ポーランドのレバンドフスキ(ロイター=共同)

 ▽ポーランド(3大会ぶり8度目の出場、FIFAランキング7位)

 ドイツの強豪バイエルン・ミュンヘンに所属するFWレバンドフスキは欧州予選10試合16ゴールで突破の原動力となった。FKを含め多彩な得点パターンを持つ世界屈指のストライカーは、ドイツ1部リーグで2季続けて30得点をマークした。

 長く代表の中心として活躍するレバンドフスキとMFブワシュチコフスキは、ドルトムント(ドイツ)時代にチームメートの香川真司とともにリーグ2連覇に貢献した。アーセナル(イングランド)などの強豪クラブを渡り歩いてきたGKシュチェンスニが最後尾から守備をまとめる。

 名FWのラトーを中心に1970年代に黄金時代を築き、W杯は74年と82年に3位。五輪では72年に金、76年に銀メダルを獲得した。その後、90年代の低迷期は一度もW杯に出場しなかった。

 昨年の欧州選手権は過去最高の8強。着実に国際経験を重ねて、W杯の舞台に戻ってきた。(共同)

「スポーツ」のランキング