産経ニュース

「スケートが恋しい」浅田真央さんが引退後の心境を告白 菊池寛賞贈呈式で

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


「スケートが恋しい」浅田真央さんが引退後の心境を告白 菊池寛賞贈呈式で

第65回菊池寛賞を受賞し、スピーチする浅田真央さん=1日午後、東京都内のホテル 第65回菊池寛賞を受賞し、スピーチする浅田真央さん=1日午後、東京都内のホテル

 文化活動で業績を挙げた個人や団体を顕彰する第65回菊池寛賞(日本文学振興会主催)の贈呈式が1日、東京都内で開かれ、受賞者の1人、フィギュアスケートの元世界選手権女王の浅田真央さん(27)が喜びを語った。

 「このような名誉ある賞をいただくことができて、本当にうれしく思っています」

 鮮やかな花柄をあしらった着物姿で登壇し、晴れやかな笑みを見せた浅田さん。

 22年間に及んだ現役生活を振り返り「本当にあっという間の選手生活でした。でも、よく考えてみると本当にいろいろなことがあった」と語った。

 また、今年4月に引退を表明した後の心の迷いや葛藤にも触れた。

 「選手のときは毎年自分の目標があって、それに向かってどんなことがあっても1つの道を進んできました。引退してからは目標が見つからずスケートをしない日々が続きました。そんな中で旅行に行ったり、いろんなものを見たり、考えたりしてきましたけれど、時がたつにつれて、スケートが恋しくなり、スケートをしたいと思うようになりました」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「スケートが恋しい」浅田真央さんが引退後の心境を告白 菊池寛賞贈呈式で
  • 「スケートが恋しい」浅田真央さんが引退後の心境を告白 菊池寛賞贈呈式で
  • 「スケートが恋しい」浅田真央さんが引退後の心境を告白 菊池寛賞贈呈式で
  • 「スケートが恋しい」浅田真央さんが引退後の心境を告白 菊池寛賞贈呈式で

「スポーツ」のランキング